■■ 「数理科学研究」用のファイル作成(LaTeX2ε)

「数理科学研究」の個人ファイル作成には、TeXという文書整形(組版処理)システムを使います。実際に使うのはTeXWorksというTeX用統合環境ソフトになります。
     ※)文字コードは Shift-JIS に設定しています。

TeXWorks の使い方は、例えば ここ を参考にしてください。

ここでは、TeXがある程度使えることを前提に話を進めます。

最終的な「数理科学研究」は、提出された個人ファイルを一つのファイルにまとめることで完成します。
ファイルのまとめ作業を円滑に行えるように、下記の方法に従って個人ファイルを作成して下さい。

1) 「数理科学研究」原稿の作成

下の個人ファイルのひな形を各自の作業用フォルダーにコピーしてください:
(例えば、デスクトップに卒研フォルダーを作り、その中などに)

template.tex

コピーしたTeXファイルを、TeXWorks で開きます。

開いた時の様子 (すべて黒字にしています)。



まず、(3) の部分を自分に合うように書き換えます(数字も全角文字で入力)。

書き換えが終わったら、「提出時のファイル名」に従ってファイルを保存します。

(*)の部分[左上の緑の△マーク]をクリックすると、画面右に実際のページが表示されます。

無事に表示され、間違いが無ければ、\maketitle と \end{document} の間に本文を入力します。

原稿が完成したら、締め切り日までに行う事項に従って原稿などを提出してください。

注意) バックアップは必ず取るようにしてください(USBメモリ上だけでの作業は特に危険です)。

その他1) 原稿作成時に、ページ数を表示したいときには
   ・(1)の2行目の最初に"%"(半角)を付けて
   ・(1)の3行目の"%"を削除します。
最終原稿提出時には、ページを付加してはいけないので注意して下さい。

その他2) 自分のPCで作業をする場合には、スタイルファイル[ style_files.zip ]が必要です。
圧縮ファイルなので、解凍後にTeXファイルと同じフォルダ内に置いてください。


2) 学務係へ提出の「卒業研究概要」の作成

原稿が完成し、「卒業研究概要」として学務係に提出するときには

・ 上図(1)の部分の2行目の最初に"%"(半角)を付け
・ 上手(2)の部分の2行目の最初の"%"を削除して

\usepackage{suuri}     ---> %\usepackage{suuri}・・・(1)の部分
%\usepackage{sotuken}  ---> \usepackage{sotuken}・・・・(2)の部分

改めてTeXでコンパイルします((*)をクリック)。できあがったPDFファイルを印刷して提出します。

注意) 提出時に、指導教員の押印が必要です。