テーブル(表)を作る(vtab15を用いて)
vtab は TeX のテーブル(表)をエクセルのような操作で作成することができるソフトです。
使ってみると結構便利なので、紹介します。
次のようなテーブル(表)が手軽に作れます。

  

  1. \\wakame\free の \卒研冊子\卒研関連 の中の vtabr15 に入っています。
    一時的に利用するのであれば、フォルダー内の VTabR15 をダブルクリックして起動してください。
    手元に置きたい場合には、このフォルダーをコピーすればいいです。

  2. 下のような窓が現れるので、必要な内容を入力していく。
    数式などは $......$ としておくとよい(TeXに貼り付けてからでもよい)



    (A)をクリックするとグリッド線が現れる。

  3. (B)をクリックすると、下記のような窓が現れるので



    線を引きたい場所を選び(左クリックしたままマウスを動かす)



    線の種類(例えば、左上の「外枠のみ」)をクリックすると、線が引かれる



    これを繰り返すと、こんな感じに



  4. セルを結合したい場合には、結合したい部分を選択して、文字を入力する



    上の例では、入力画面からの入力になっているが、単に入力するだけでOK

  5. TeX のファイルに変換したい部分を選択して、「LaTeX」--「コード生成」



    次の窓が現れるので、「tabular環境」をクリック



    「クリップボードへ出力」をクリックしすると、生成コードをコピーした状態になるので



    TeXファイルの置きたい場所に貼り付ければ、出来上がり。
複雑な表でも、とても手軽に作成できます。試してみてください。

おまけ

テーブル(表)が大きすぎるときの対処法:
  1. \scalebox を使う(例は全体を 0.8 倍している:0.8 を変えれば何倍にも)
    \scalebox{0.8}{

     \begin{tabular} ...........
     .......... \end{tabular} }


    ・テーブルを中央に寄せるときには、前後に1行ずつ空行をつけて
    空行
    \hfil \scalebox{0.8}{

     \begin{tabular} ...........
     .......... \end{tabular} } \hfil
    空行

  2. 文字を小さくする(手軽だけど、調整がきかない)
    { \small \begin{tabular} .............. \end{tabular} }

    ・中央に寄せるときには
    { \small \begin{center}\begin{tabular} .............. \end{tabular}\end{center} }