鍋島克輔

Ph.D.(Johannes Kepler Universitat Linz)

徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 理工学域
徳島大学理工学部理工学科応用理数コース(数理科学系)(併任)

准教授

nabeshima@tokushima-u.ac.jp  

住所:
〒770-8506
徳島市南常三島町2丁目1
 

English Page


所属学会:日本数学会, 日本応用数理学会, 日本数式処理学会


研究

数学, 計算機代数, 数式処理



2013年 徳島大学全学共通教育 共通教育賞 (2012年後期「微分積分学II」)

2009年 日本数式処理学会 最優秀奨励賞

2007年 日本数式処理学会 奨励賞


論文・発表


○査読付き論文

 1: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
A new method for computing the limiting tangent space of an isolated hypersurface singularity via algebraic local cohomology,
Advanced Studies in Pure Mathematics, 2018, to appear
 2: Katsusuke Nabeshima Katsuyoshi Ohara and Shinichi Tajima,
Comprehensive Gröbner systems in PBW algebras, Bernstein-Sato ideals and holonomic D-modules,
Journal of Symbolic Computation, 2018, in press
(DOI: 10.1016/j.jsc.2017.11.010)
 3: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Comprehensive Grobner systems aprroach to b-functions of μ-constant deformations.,
Saitama Mathematical Journal, Vol. 31, pp.115--136, 2017
 4: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Computing μ*-sequences of hypersurface isolated singularities via parametric local cohomology systems,
Acta Mathematica Vietnamica, Vol. 42, pp.279--288, 2017.
(DOI: 10.1007/s40306-016-0198-4)
 5: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Algebraic local cohomology with parameters and parametric standard bases for zero-dimensional ideals,
Journal of Symbolic Computation, Vol.82, pp.91--122, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jsc.2017.01.003)
 6: Yosuke Sato, Ryoya Fukasakua and Katsusuke Nabeshima,
On simple representation of locally closed sets,
Proc. Asian Technology Conference in Mathematics 2016, Published by Mathematics and Technology, LLC , pp.190--199, 2016.
 7: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Computing Tjurina stratifications of μ-constant deformations via parametric local cohomology systems,
Applicable Algebra in Engineering, Communication and Computing, Vol.27, No.6, pp.451--467, 2016.
(DOI: 10.1007/s00200-016-0289-4)
 8: Katsusuke Nabeshima, Katsuyoshi Ohara and Shinichi Tajima,
Comprehensive Grobner systems in rings of differential operators, holonomic D-modules and b-functions,
Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC' 2016), pp.349--356, 2016.
(DOI: 10.1145/2930889.2930918)
 9: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Solving extended ideal membership problems in rings of convergent power series via Grobner bases,
Lecture Notes in Computer Science, Vol.9582, pp.252--267, 2016.
(DOI: 10.1007/978-3-319-32859-1_22)
 10: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Efficient computation of algebraic local cohomology classes and change of ordering for zero-dimensional standard bases,
Lecture Notes in Computer Science, Vol.9301, pp.334--348, 2015.
(DOI: 10.1007/978-3-319-32859-1_22)
 11 Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
Computing logarithmic vector fields associated with parametric semi-quasihomogeneous hypersurface isolated singularities,
Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC' 2015),, pp.291--298, 2015.
(DOI: 10.1007/978-3-319-24021-3_25)
 12: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
On the computation of algebraic local cohomology classes associated with semi-quasihomogeneous singularities,
Advanced Studies in Pure Mathematics, Vol.66, pp.143--159, 2015.
 13: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
An algorithm for computing Tjurina Stratifications of mu-constant deformations by using local cohomology classes with parameters,
Lecture Notes in Computer Science, Vol.8592, pp.523--530, 2014.
(DOI: 10.1007/978-3-662-44199-2_79)
 14: Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
An algorithm for computing standard bases by change of ordering via algebraic local cohomology,
Lecture Notes in Computer Science, Vol.8592, pp.414--418, 2014.
(DOI: 10.1007/978-3-662-44199-2_63)
 15: 杉原 彩, 田辺 康範, 鍋島 克輔,
グレブナー基底はどの程度のパズルを解くことができるのか?
日本数式処理学会論学会誌「数式処理」,Vol.20, No.2., pp.3--22, 2014.
 16:  Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
On efficient algorithms for computing parametric local cohomology classes associated with semi-quasihomogeneous singularities and standard bases,
Proc. International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC2014), pp.351--358, 2014.
(DOI: 10.1145/2608628.2608639)
 17: Katsusuke Nabeshima,
Stability Conditions of Monomial Bases and Comprehensive Grobner systems,
Lecture Notes in Computer Science, Vol.7442, pp.248--259, 2012. 
(DOI: 10.1007/978-3-642-32973-9_21)
 18: Katsusuke Nabeshima,
On an Implementation of Standard Bases, Grobner Bases and Normal-form Using Algebraic Local Cohomology,
Communications of Japan Society for Symbolic and Algebraic Computation, Vol.1, pp.1--25, 2012.
 19: Yosuke Sato, Shutaro Inoue, Akira Suzuki, Katsusuke Nabeshima and Ko Sakai,
Boolean Grobner Bases,
Journal of Symbolic Computation, Vol.46, No.5, pp.622--632, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jsc.2010.10.011)
 20: Katsusuke Nabeshima,
On the computation of parametric Grobner baes for modules and syzygies,
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, Vol.27, No.2, pp.217--238, 2010.
 (DOI: 10.1007/s13160-010-0003-z)
 21: Katsusuke Nabeshima,
PGB: A package for computing parametric polynomial systems,
MI Lecture Note Series (The Joint Conference of ASCM2009 and MACIS2009), Vol.22, pp.587--599, 2009.
 22: Katsusuke Nabeshima,
Reduced Grobner Bases in Polynomial Rings over a Polynomial Ring,
Mathematics in Computer Science, Vol.2, No.4, pp.587--599, 2009.
(DOI: 10.1007/s11786-008-0060-8)
 23: Shinichi Tajima, Yayoi Nakamura and Katsusuke Nabeshima,
Standard Bases and Algebraic Local Cohomology for Zero Dimensional Ideals,
Advanced Studies in Pure Mathematics, Vol.56, pp.341--361, 2009.
 24: Katsusuke Nabeshima, Yayoi Nakamura and Shinichi Tajima,
An Algorithm to Compute Parametric Standard Bases Using Algebraic Local Cohomology for Zero Dimensional Ideals (Extended abstract),
Proc. Joint Conference of ASCM2009 and MACIS2009, COE Lecture Note, Vol.22, pp.123-126, Kyushu University, 2009.
 25: 鍋島克輔,
効率的なパラメトリック・グレブナ基底計算のテクニック,
本数式処理学会論文誌「数式処理」, Vol.15, No.1, pp.2-24, 2008.
 26: Katsusuke Nabeshima,
Comprehensive Grobner Bases and von Neumann regualr rings,
Journal of Japan Society for Symbolic and Algebraic Computation, Vol.14, No.1, pp.41--65, 2007.
 27: Katsusuke Nabeshima,
A Speed-Up of the Algorithm for Computing Comprehensive Grobner Systems,
Proceedings of the International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC07), pp.299--306, 2007.
(DOI: 10.1145/1277548.1277589)
 28: Katsusuke Nabeshima,
A Direct Products of Fields Approach to Comprehensive Grobner Bases over Finite Fields,
Proceedings of the 7th International Symposium on Symbolic and Numeric Algorithms for Scientific Computing (SYNASC05), IEEE Computer Society, pp.39--47, 2005.
(DOI: 10.1109/SYNASC.2005.3)
 29: Katsusuke Nabeshima,
A Computation Method for ACGB-V,
Proceedings of the A3L 2005, conference in Honor of the 60th Birthday of Volker Weispfenning, pp.172-180, BON Norderstedt, 2005.
 30: Yosuke Sato, Akira Suzuki and Katsusuke Nabeshima :
Discrete Comprehensive Grobner Bases II,
Computer Mathematics III, Lecture Notes Series on Computing, World Scientific, pp.240--247, 2003.
(DOI: 10.1142/9789812704436_0019)
 31: Yosuke Sato, Akira Suzuki and Katsusuke Nabeshima :
ACGB on Varieties,
Proceedings of the 6th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing, Universitat Munchen, pp.313--318, 2003.


○翻訳・編集


1. 鍋島克輔 (編集) 京都大学数理解析研究所講究録 第1976号. 「数式処理研究の新たな発展」

2. 鍋島克輔 (編集) 京都大学数理解析研究所講究録 第1927号. 「数式処理研究の新たな発展」

3. Katsusuke Nabeshima (Ed.) Proceedinghs of the 39th International Symposium on Symbolilc and Algebraic Computation, ACM-Press, 2014. (ISBN: 978-1-4503-2501-1)

4. Derive 6.1. 日本語版(数式処理ソフト),テキサス・インスツルメント(Texas Instruments), 日本販売代理店 株式会社 ナオコ (Naoco Inc.) http://www.naoco.com/soft.htm


○招待・依頼講演


1. 包括的グレブナー基底とパラメータ付きシステム,
  鍋島克輔,
  埼玉大学数学談話会, 2016年7月1日, 埼玉大学

2. A computation method for algebraic local cohomology classes and its applications,
  鍋島克輔,
  東京大学数理「複素解析幾何セミナー」, 2016年5月23日, 東京大学

3. 孤立特異点に付随する代数的局所コホモロジーの計算,
  鍋島克輔,
  Encounter with Mathematics, 2016年2月20日〜21日, 中央大学

4. パラメータ付き代数的局所コホモロジーとその応用,
  鍋島克輔,
  Encounter with Mathematics, 2016年2月20日〜21日, 中央大学

5. Applications of Comprehensive Gröbner Bases,
  Katsusuke Nabeshima,
  RISC/Linz and Kobe University joint computer algebra seminar, March 8-9, 2015, Kobe University

6. Comprehensive Gröbner bases in rings of differential operators and their applications」,
  Katsusuke Nabeshima,
  Theoretical and Computational Aspects of Algebraic Analysis, March 6-7, 2015, Nihon University

7. グレブナー基底とその応用--集合制約と共振について--,
  鍋島克輔,
  徳島数学談話会, 2010年12月17日, 徳島大学

8. イデアルの安定性とパラメトリック・グレブナー基底
  鍋島克輔,
  近畿大学数学講演会, 2010年1月18日, 近畿大学

9. Comprehensive Gröbner Bases for modules,
  Katsusuke Nabeshima,
  KIAS-RIMS Joint Workshop on Computer Algebra, July 27-29, 2006,
  Korean Institute for Advanced Study (KIAS), Seoul, South Korea

○その他 (査読無)

1. ``b-関数の根に付随したホロノミー系の局所コホモロジー解の計算法について '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 2018, 掲載予定,

2. ``μ-constant deformation に付随したb-関数の計算-- 因子チェックの利用-- '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 2018, 掲載予定,

3. ``Transformation law を用いた多変数留数計算アルゴリズム '',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   数理解析研究所講究録, 2018, 掲載予定

4. ``グレブナー基底を用いた収束冪級数環での拡張イデアル所属アルゴリズムについて, ''
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 2018, 掲載予定

5. ``代数的局所コホモロジーを用いた Limiting Tangent Spaceの計算法と比較, '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 第2019号, pp.53-63. 2017

6. ``Computer algebra and Bruce-Roberts Milnor numbers '',
   伊澤毅, 鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 第2019号, pp.64-79. 2017

7. ``偏微分作用素環での包括的グレブナー 基底とホロノミD-加群,b-関数, '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 第1976号,  pp.100-116. 2015

8. ``Bruce-Roberts ミルナー数の計算アルゴリズム'',
   田島慎一 , 鍋島克輔
   数理解析研究所講究録, 第1976号,  pp.91-99. 2015

9. ``代数的局所コホモロジーを用いたパラメータ付き拡張ideal membership アルゴリズムについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 第1955号,  pp.180-187. 2015

10. ``パラメータ付き対数的ベクトル場と局所コホモロジーについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   数理解析研究所講究録, 第1927号,  pp.55-64. 2014

11. ``ブーリアン・グレブナー基底を用いたグラフ3彩色問題へのアプローチについて'',
   鍋島克輔, 杉原彩,
   近数理解析研究所講究録, 第1906号,  pp.116-121.2014

12. ``μ-constant deformation に対する代数的局所コホモロジーとTjurina stratification'',
   鍋島克輔, 田島慎一
   数理解析研究所講究録, 第1843号,  pp.56-65. 2013

13. ``パラメータ付き代数的局所コホモロジーの計算について--半擬斉次孤立特異点の場合--'',
   鍋島克輔, 田島慎一
   数理解析研究所講究録, 第1785号,  pp.111-122. 2012

14. ``CGS計算アルゴリズムのさらなる改良'',
   鍋島克輔,
   数理解析研究所講究録, 第1815号,  pp.29-40. 2011

15. ``パラメータ付き零次元代数的局所コホモロジーを用いたパラメトリック・スタンダード基底計算について'',
   鍋島克輔, 中村弥生, 田島慎一
   数理解析研究所講究録, 第1814号,  pp.43-53. 2011

16. ``代数的局所コホモロジーの計算法とそれを用いたスタンダード基底・グレブナー基底について'',
   鍋島克輔, 中村弥生, 田島慎一
   数理解析研究所講究録, 第1764号,  pp.102-125. 2010

17. ``Derivation of specific conditions with Comprehensive Groebner Systemsて'',
   Katsusuke Nabeshima, Hiroshi Yoshida
   MI Preprint Series Kyushu University, The Global COE Program Math-for-Industry Education & Research Hub, MI 2010-11, 2010.

18. ``ブーリアン・グレブナ基底を使った数独の解法'',
   井上 秀太郎, 佐藤 洋祐, 鈴木 晃, 鍋島 克輔
   数理解析研究所講究録, 第1666号,  pp.1-5. 2009

19. ``係数ドメインと多項式環とする多項式環の簡約グレブナ基底について'',
   鍋島克輔,
   数理解析研究所講究録, 第1652号,  pp.1-10. 2009

20. ``Risa/Asir CGB関連パッケージの整備'',
   倉田 陽介, 鈴木 晃, 鍋島 克輔,
   数理解析研究所講究録, 第1572号,  pp.131-141. 2007

21. ``Generalized Discrete Comprehensive Grobner Bases'',
   Yosuke Sato, Akira Suzuki and Katsusuke Nabeshima
   数理解析研究所講究録, 第1335号,  pp.105-110. 2003



○口頭発表

1.``収束冪級数環におけるgeneralized integral dependence relation の計算について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「Computer Algebra - Theory and its Applications」, 京都大学, 2017年12月.

2.``Computing Bruce-Roberts Milnor numbers'', 
   Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities, The University of Sydney, Australia, 2017年9月.

3.``収束冪級数環でのintegral numberの計算 -- グレブナー基底 vs 代数的局所コホモロジー類 --'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.

4.``Transformation law によるGrothendieck local residue の計算'', 
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.

5.``Integral dependence relation と半擬斉次孤立特異点の b-関数'', 
   田島慎一, 加藤満生, 鍋島克輔
   日本数学会秋季総合分科会(函数論), 山形大学, 2017年9月.

6.``b-関数の根に付随したホロノミー系の局所コホモロジー解の計算,'', 
   鍋島克輔, 田島慎一
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理の新たな発展」, 京都大学, 2017年9月..

7.``Computing integral numbers for a parametric ideal in a ring of convergent power series via comprehensive Groebner systems'',
   Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   Conferences on Applications of Computer Algebra 2017, the Jerusalem College of Technology, イスラエル,2017年7月. .

8.``An implementation of the L\^e -Teissier method for computing local Euler obstructions'',
   Shinichi Tajima, Katsusuke Nabeshima
   Conferences on Applications of Computer Algebra 2017, the Jerusalem College of Technology, イスラエル,2017年7月.

9.``収束冪級数環における integral numberの計算法について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   第26回日本数式処理学会大会, 東邦大学,2017年6月

10.``包括的グレブナー基底を用いたμ*列の計算について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   Risa/Asir conference 2017, 金沢大学, 2017年3月

11.``パラメータ付きBernstein-SatoイデアルとホロノミーD加群'',
   鍋島克輔, 小原功任, 田島慎一,
   日本数学会年会(函数論), 首都大学東京, 2017年3月.

12.``Computation method for μ*-sequences of hypersurface isolated singularities'',
   Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   Topology of Singularity in Hanoi 2017,Vietnam Institute for Advanced Study in Mathematics,Hanoi, Vietnam, 2017年2月..

13.``Tangent coneを用いた局所環でのパラメトリック・イデアルの次元判定'',
   鍋島克輔,, 田島慎一,
   2016年度日本数式処理学会合同分科会,京都大学産連本部東京日本橋サテライトオフィス,2017年1月

14.``b-関数の因子チェックを用いたパラメトリックb-関数の計算 - μ-constant deformation の場合-'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究「数式処理とその周辺分野の研究」, 京都大学, 2016年12月.

15.``Base change formula によるパラメータ付き多変数留数計算アルゴリズム'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所共同研究「数式処理とその周辺分野の研究」, 京都大学, 2016年12月.

16.``Comprehensive Groebner systems in Poincare-Birkhoff-Witt algebra and Bernstein-Sato ideals,'',
   Katsuyoshi Ohara, Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   京都大学数理解析研究所研究集会,「超局所解析と特異摂動論の新展開」, 京都大学, 2016年10月.

17.``包括的グレブナー基底とパラメータつきb-関数の計算'',
   小原功任, 鍋島克輔, 田島慎一,
   第10回玉原特殊多様体研究集会,東京大学玉原国際セミナーハウス(群馬県沼田市), 2016年9月. .

18.``局所コホモロジーを用いたμ*列の計算法について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会秋期総合分科会(函数論), 関西大学, 2016年9月.

19.``パラメータ付きホロノミーD加群とb-関数--μ-constant deformation の場合--'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会秋期総合分科会(函数論), 関西大学, 2016年9月.

20.``代数的局所コホモロジーを用いた Limiting Tangent Spaceの計算法と比較'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理の新たな発展 -その最新研究と基礎理論の再構成-」, 京都大学, 2016年9月.

21.``Computer algebra and Bruce-Roberts Milnor numbers'',
   伊澤毅, 鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理の新たな発展 -その最新研究と基礎理論の再構成-」, 京都大学, 2016年9月.

22.``Comprehensive Groebner systems for Parametric Poincare-Birkhoff-Witt Idealss'',
   Katsuyoshi Ohara, Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   RIMS workshop, Algebraic Statistics and Symbolic Computation, RIMS, Kyoto University, 2016年7月.

23.``パラメトリック局所コホモロジーを用いたμ*の計算'',
   鍋島克輔, 小原功任, 田島慎一,
   第25回日本数式処理学会大会, 福岡大学, 2016年6月.

24.``包括的グレブナー基底とパラメータ付きb-関数の計算'',
   鍋島克輔, 小原功任, 田島慎一,
   Risa/Asir conference 2016, 金沢大学, 2016年3月.

25.``変形パラメータ付きホロノミーD-加群の計算法 --parametric Poincare Birkhoff-Witt 代数の利用--'',
   鍋島克輔, 小原功任, 田島慎一,
   日本数学会年会(函数論), 筑波大学, 2016年3月.

26.``パラメータ付き対数的ベクトル場とBruce-Roberts ミルナー数の計算'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会年会(函数論), 筑波大学, 2016年3月.

27.``Limiting tangent spaces とlocal cohomology'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   日本数学会年会(函数論), 筑波大学, 2016年3月.

28.``グレブナー基底を用いた収束べき級数環上での拡張ideal membershipアルゴリズムについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理とその周辺分野の研究 ? Computer Algebra and Related Topics」, 京都大学, 2015年12月

29.``特異点の複素解析と局所コホモロジー'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   第 58 回函数論シンポジウム, 島根大学, 2015年10月.

30.``超曲面に付随したホロノミーD-加群の計算アルゴリズムについてII'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   日本数学会総合分科会(函数論), 京都産業大学, 2015年9月.

31.``超曲面に付随したホロノミーD-加群の計算アルゴリズムについてI'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会総合分科会(函数論), 京都産業大学, 2015年9月.

32.``局所コホモロジーを用いたBruce-Roberts ミルナー数の計算法について'',
   田島慎一,鍋島克輔,
   日本数学会総合分科会(函数論), 京都産業大学, 2015年9月.

33.``偏微分作用素環での包括的グレブナー基底とホロノミーD-加群, b-関数'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理研究の新たな発展」 京都大学, 2015年8月.

34.``Bruce-Roberts ミルナー数の計算アルゴリズム'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理研究の新たな発展」 京都大学, 2015年8月

35.``Logarithmic vector felds associated with hypersurface isolated singularities and local cohomology'',
  Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   Singularities in Generic Geometry and its Applications -Kobe-Kyoto 2015 (Valencia IV)-, Kobe University and Kyoto University, 2015年6月.

36.``代数的局所コホモロジーを用いたスタンダード基底の項順序変換についてII'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   第24回日本数式処理学会大会, 筑波大学, 2015年6月.

37.``収束冪級数環における integral dependence relation と局所コホモロジー'',
   田島慎一, 鍋島克輔,
   2015年度日本数学会年会(函数論), 明治大学, 2015年3月.

38.``局所環におけるExtended Ideal Membershipアルゴリズムについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   2015年度日本数学会年会(函数論), 明治大学, 2015年3月.

39.``包括的グレブナー基底について'',
   鍋島克輔,
   日本数式処理学会合同分科会, 山形大学, 2015年1月.

40.``初等幾何の定理自動発見と包括的グレブナー基底-具体例を通して-'',
   杉原彩, 鍋島克輔,
   日本数式処理学会合同分科会, 山形大学, 2015年1月.

41.``代数的局所コホモロジーを用いたパラメータ付き拡張ideal membership 判定アルゴリズム'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所研究集会「数式処理とその周辺分野の研究」, 京都大学, 2014年12月.

42.``パラメータ付き対数的ベクトル場と局所コホモロジーについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所共同研究,「数式処理研究の新たな発展」 京都大学, 2014年8月.

43.``代数的局所コホモロジーを用いたスタンダード基底の項順序変換について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   第23回日本数式処理学会, 徳島大学, 2014年5月.

44.``パラメータ付き局所コホモロジーを利用した対数的ベクトル場の計算について'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
    2014年日本数学会年会 函数論, 学習院大学, 2014年3月.

45.``ブーリアン・グレブナー基底を用いたグラフ3採色問題へのアプローチについて'',
   鍋島克輔, 杉原彩,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra-Degign of Algorithm, Implementations and the Next Grneration」, 京都大学, 2013年12月.

46.``パラメータ付き局所コホモロジーを用いたTjurina stratification の計算 '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会総合分科会 函数論, 愛媛大学, 2013年9月.

47.``On the computation of Tjurina stratifications using algebraic local cohomology classes associated with semi-quasihomogeneous singularities'',
   Katsusuke Nabeshima, Shinichi Tajima,
   The Asian Mathematical Conference 2013, BEXICO, Busan, South Korea, 2013年7月.

48.``グレブナー基底はどの程度のパズルを解くことができるのか? '',
   杉原彩, 鍋島克輔,
   第22回日本数式処理学会大会 , 防衛大学校, 2014年6月.

49.``μ-constant deformation 代数的局所コホモロジーを用いた Tjurina 数のパラメータ依存性の解析 '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会 中国・四国支部例会 , 高知大学, 2013年1月.

50.``μ-constant deformation に対する代数的局所コホモロジーとTjurina stratification '',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra-Degign of Algorithm, Implementations and the Next Grneration」, 京都大学, 2012年12月.

51.``Algebraic Local Cohomology Classes Associated with Semi-quasihomogeneous Singularities '',
   Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
   The Asian Symposium on Computer Mathematics, Acamedy of Mathematics and Systems Science, Beijing, China, 2012年10月.

52.``CGSとminimal CGSの計算について'',
   鍋島克輔,
   第4回日本数式処理学会理論分科会&システム分科会合同研究会」, 仙台カルチャーセンター, 2012年1月.

53.``パラメータ付き代数的局所コホモロジーの計算について--半擬斉次の場合--'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra-Degign of Algorithm, Implementations and the Next Grneration」, 京都大学, 2011年12月.

54.``半擬斉次孤立特異点に付随する代数的局所コホモロジーについて'',
   鍋島克輔, 田島慎一,
   日本数学会秋季総合分科会(函数論), 信州大学, 2011年10月.

55.``Semi-quasihomogeneous isolated sungularityに付随する代数的局所コホモロジーについて'',
   鍋島克輔,  田島慎一,
   第20回日本数式処理学会, 神戸大学, 2011年9月.

56.``On the computation for algebraic local cohomogies associated with semi-quasihomogeneous singularities'',
   Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima,
   The 6th Franco-Japan Symposium on Singularities, Kyushu university, 2011年9月 (ポスター発表).

57.``イデアルはいつ安定か?, '',
   鍋島克輔,
   JST CREST 「現代社会の産業とグレブナ-基底の調和」 若手研究集会, 山口大学, 2011年2月.

58.``On an Implementation of Standard Bases and Gröbner Bases Using Algebraic Local Cohomology'',
   鍋島克輔, 中村弥生,  田島慎一
   京都大学数理解析研究所研究集会 「実閉体上の幾何と特異点論への応用」, 京都大学, 2010年12月.

59.``CGS計算アルゴリズムのさらなる改良'',
   鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications」, 京都大学, 2010年12月.
   数理解析研究所講究録, 第1815号,  pp.29-40.

60.``ブーリアン・グレブナー基底'',
   鍋島克輔,
   JST CREST 「現代社会の産業とグレブナ-基底の調和」 若手研究集会, 神戸大学, 2010年9月.

61.``Derivation of resonant conditions with CGS'',
    Hiroshi Yoshida andKatsusuke Nabeshima,
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'10), Vlore, University of Volore, Albania, 2010年6月.

62.``Using Algebraic Local Cohomology with Parameters'',
   Katsusuke Nabeshima, Yayoi Nakamura and Shinichi Tajima
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'10), Vlore, University of Volore, Albania, 2010年6月.

63.``CGSを用いた共振条件導出'',
   鍋島克輔, 吉田寛
   第19回日本数式処理学会大会, 名古屋大学, 2010年6月.

64.``代数的局所コホモロジーを利用したパラメータ付きスタンダード基底計算について'',
   鍋島克輔, 中村弥生,  田島慎一
   2010年日本数学会年会,(函数論), 慶応義塾大学, 2010年3月.

65.``イデアルの安定性とパラメトリック・グレブナー基底の応用'',
   鍋島克輔,
   JST CREST 「現代社会の産業とグレブナ-基底の調和」 若手研究集会, 大阪大学 2010年1月.

66.``パラメータ付き零次元代数的局所コホモロジーを用いたパラメトリック・スタンダード基底計算について'',
   鍋島克輔, 中村弥生,  田島慎一
   京都大学数理解析研究所研究集会 「ComputerAlgebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications」, 京都大学, 2009年11月.

67.``PGB: A package for computing parametric polynomial systems'',
   鍋島克輔,
   第2回日本数式処理学会システム分科会, 丸亀市民会館 2009年10月.

68.``零次元代数的局所コホモロジーを用いた標準基底・グレブナー基底・メンバーシップ問題の実装'',
   鍋島克輔, 中村弥生,  田島慎一
   第18回日本数式処理学会大会, 龍谷大学 2009年6月.

69.``双対性を用いた零次元ヤコビイデアルのスタンダード基底の計算法とグレブナー基底の応用に向けて'',
   鍋島克輔,
   JST CREST 「現代社会の産業とグレブナー基底の調和」 workshop, 大阪大学 2009年5月.

70.``Boolean Gröbner Bases and SUDOKU''
   Yosuke Sato, Shutaro Inoue, Akira Suzuki, Katsusuke Nabeshima,
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'08), Linz, Johannes Kepler Universität Linz, Austria, 2008年7月.

71.``ブーリアン・グレブナ基底を使った数独の解法''
   井上秀太郎, 佐藤洋祐, 鈴木晃, 鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications」, 京都大学, 2008年11月.
   
72.``係数ドメインと多項式環とする多項式環の簡約グレブナ基底について'',
   鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications」, 京都大学, 2007年11月.
   
73.``PGB: A package for computing Parametric Gröbner Bases and Related Objects'', (査読あり)
   Katsusuke Nabeshima,
   Software Exhibits in the International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC'07), Waterloo, Canada, 2007年7月
   ACM Communications in Computer Algebra, Volume 41, Issue 3, Pages 104-105

74.``効率的なパラメトリック・グレブナ基底計算のテクニック'',
   鍋島克輔
   第16回日本数式処理学会大会, 倉敷科学大学, 2007年5月.

75.``Risa/Asir CGB関連パッケージの整備'',
   倉田陽介, 鈴木晃, 鍋島克輔,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「数式処理研究の新たな発展」,京都大学, 2006年8月.

76.``Comprehensive Gröbner Bases for modules'',
   Katsusuke Nabeshima
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'06), Varna, Bulgaria, 2006年6月.

77.``A Direct Products of Fields Approach to Comprehensive Gröbner Bases over Finite Fields,''
   Katsusuke Nabeshima,
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'05), Nara, Japan, 2005年8月.

78.``代数多様体上のACGBについて'',
   佐藤洋祐, 鈴木晃, 鍋島克輔
   第12回日本数式処理学会大会, 福岡, 九州大学 2003年5月.

79.``ACGB on Varieties'',
   Yosuke Sato, Akira Suzuki, Katsusuke Nabeshima,
   International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA'03), North Carolina, USA, 2003年7月.

80.``Generalized Discrete Comprehensive Gröbner Bases'',
   Katsusuke Nabeshima, Yosuke Sato, Akira Suzuki,
   京都大学数理解析研究所研究集会 「Computer Algebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications」, 京都大学, 2002年12月.
 


○その他の発表・体験講義

1. 「私の取り組み方」
   鍋島克輔,
   徳島大学全学共通センター・総合科学部合同FD企画「特色ある授業から見る学生に必要な教育とは?」,徳島大学,2016年2月17日

2. 「代数学の基本定理と複素平面--高校の教科書に復活した天才ガウス少年の発見--」
   鍋島克輔,
   徳島大学理工学部オープンキャンパス,体験講義,徳島大学,2015年8月5日〜6日


○競争的資金獲得

1. 科学研究費補助金,若手研究(B),研究代表者,「代数的局所コホモロジーを利用した特異点解析プログラムの構築」
  課題番号:15K17513,期間:2015年4月1日〜2018年3月31日

2. 科学研究費補助金,基盤研究(C),研究分担者,「特異点の計算複素解析と代数解析アルゴリズム」
  課題番号:15K04891,期間:2015年4月1日〜2018年3月31日 (研究代表者:田島慎一)

3. 徳島大学総合科学部 創生研究プロジェクト経費,「数式処理とその周辺分野の研究」,2015年度後期

4. 科学研究費補助金,基盤研究(C),研究分担者,「対数的ベクトル場と特異多様体の計算複素解析と代数解析アルゴリズム」
  課題番号:24540162,期間:2012年4月1日〜2015年3月31日 (研究代表者:田島慎一)

5. 科学研究費補助金,若手研究(B),研究代表者,「パラメータ付き多項式の数式処理とその応用」
  課題番号:22740065,期間:2010年4月1日〜2013年3月31日


○研究集会の主催、代表、委員長

 1. Conferences on Applications of Computer Algebra 2017, the Jerusalem College of Technology, イスラエル, 2017年7月. (session organizer)

 2. RIMS 共同研究「数式処理研究の新たな発展」, 京都大学, 2015年8月. (研究代表者)

 3. RIMS 共同研究「数式処理研究の新たな発展」, 京都大学, 2014年8月. (研究代表者)

 4. 第23回日本数式処理学会大会, 徳島大学, 2014年5月. (大会委員長)

 5. JST CREST 「現代社会の産業とグレブナー基底の調和」 若手研究集会, 徳島大学, 2011年7月. (主催)

 6. JST CREST 「現代社会の産業とグレブナー基底の調和」 若手研究集会, 大阪大学 2010年1月. ( 木村杏子氏と共同で主催)


職歴

2004年11月〜2005年4月  
     The Austrian Science Project (FWF), SFB F1301(non-commutative Gröbner bases), RISC-Linz,
     研究員
2006年3 月 〜2007年3月  
     The Austrian Science Project (FWF), DAT P163557-N04 (differential elimination theory), RISC-Linz,
     Prof. Franz Winklerの助手(research assistant) 

(2007年6月にPh.D.取得, 4年間RISC-Linzに博士課程学生としていました。)

2007年10月〜2008年3月
     東京大学大学院情報理工学系研究科 (システム情報学専攻, システム情報第五研究室にいました。)
     博士研究員 (JST CREST)
2008年4月〜2009年3月
     高知学芸高等学校 
     教諭(数学), 女子硬式テニス部顧問
     (1年間、実家の高知に帰って高校教師をしていました。元高校教師です。)
2009年4月〜2010年3月
     大阪大学大学院情報科学研究科 情報基礎数学専攻 (JST CREST)
     特任助教
2010年4月〜2016年3月
     徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部
     徳島大学総合科学部総合理数学科数理科学コース(併任)
     准教授
2016年4月〜2017年3月
     徳島大学大学院理工学研究部
     徳島大学理工学部理工学科応用理数コース(数理科学系)(併任)
     准教授
2017年4月〜
     徳島大学大学院 社会産業理工学研究部 理工学域
     徳島大学理工学部理工学科応用理数コース(数理科学系)(併任)
     准教授

非常勤講師

2009年度 奈良工業高等専門学校

2016年度 埼玉大学大学院理工学研究科


最終更新 2017年12月1日